トップページ > 突撃取材しました!! > type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントに突撃取材してきました!

type転職エージェント

type転職エージェントに突撃取材をしてきました!

質の高いサービスを提供し続ける会社なので、
管理人も前々から気になっていたのですが、
ついに取材が実現しました!

type転職エージェントの求職者に対するスタンスが浮き彫りになった取材だと思っています。よかったら参考にしてみてください!

対応をしてくれた石崎さんと新さん

今回の取材ではお忙しい中、
課長の石崎さんとチーフの新さんに1時間だけお時間をいただき、
取材させていただきました!

それでは石崎さん、新さん、よろしくお願いいたします!




管理人

それではお忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いします。

不躾な質問もあるかもしれませんので、
答えられない場合は遠慮なくおっしゃってください!


石崎さん

石崎さん

いえいえ、とんでもないです(笑)

出来る限りお答えさせていただきますので、
こちらこそ、よろしくお願いいたします!



管理人

ありがとうございます!

それでは最初の質問から行きたいと思います。

御社では求職者の担当をするキャリアアドバイザー(以下CA)はどのように決まりますか?

具体的に教えていただけますでしょうか?

以前聞いた管理人の32歳の友人の話では、
某転職エージェントに登録した時に年下のCAが付いたそうで、
少し頼りなかった面があったそうです。

御社では求職者とCAとの相性等は考慮されていますか?


石崎さん

石崎さん

まず、営業系・エンジニア系・専門職系などの職種や、
業界によってもアドバイザーの担当領域が決まっています。

そのうえで、ご登録情報から求職者様の業界・キャリア・性別・志向等を考慮し、
いちばんマッチするだろう、と考えられるCAを担当させていますね。


管理人

なるほど。

基本的には職種や業種という大きな枠が決まっているけど、
その中でその求職者に相性が合いそうな人を選んでもらえるということですね?


石崎さん

石崎さん

そうですね。はい。






管理人

ちなみに御社ではCAさんの男女比はどうなっていますか?

可能であれば教えてください!


石崎さん

石崎さん

そうですね。男女比は若干女性のほうが多いくらいでしょうか。






管理人

そうなんですね。ちょっと意外でした、、

もし仮に求職者がCAさんと相性が合わなかった場合は、
変更要請とかは可能なんでしょうか?


石崎さん

石崎さん

はい、これはですね、原則としてはお受けしていません。

先ほどもお話しした通り、求職者様を担当させていただくCAを決める際に、
職種のマッチングや相性等も考慮しているためです。

ただ、最初に面談した後に求職者様にご感想を伺っておりまして、
稀に、どうしても相性が合わないという声をいただくこともあります。

ご本人の経験スキルや意欲・マインド、CAの能力に加え、
お互いの相性もたしかに転職活動の成否に影響してきますから、
その場合には、必要に応じて変更させていただくこともありますね。


管理人

なるほど。ありがとうございます。

次の質問です。

御社ではCAさんと求職者の面談は必ずするのでしょうか?

WEB登録から入社が決まるまで、メールと電話で済ませるなど、
最後まで会わずに完結することはあるのでしょうか?


石崎さん

石崎さん

まず、はじめのご質問ですが、
ご登録いただいた求職者様のうち、
当社でお預かりしている企業の求人案件をお探しし、
ご紹介可能な求人案件がある方に面談をさせていただいています。

また、「ご登録から面談をせずに入社まで至る」というのは
かなりレアケースですがありますね。

たとえば、地方にお住まいのであったり、
仕事が忙しくて面談にお越しいただく時間がとれないなどの事情がある場合には、
電話かメールのみで完結する場合もあります。



管理人

ありがとうございます。

続いて次の質問です。

CAの方の教育などはされていますか?
可能であれば具体的に教えていただけますでしょうか?


石崎さん

石崎さん

当たり前かとは思いますが、
未経験で入社してすぐにCAとして、求職者様と面談するのは難しいので、
まず、担当領域・業界の専門知識の習得から、キャリアアドバイス・カウンセリングの基礎部分をロールプレイングをはじめとした研修まで、かなり時間をかけて導入研修を実施していますね。

また、より専門的で高い品質のサービス提供ができる
経験・熟練度の高いCAを当社では「マイスター」という職制として
求職者様のサポートをさせていただいているのですが、
そういったベテランCAからの指導・アドバイスの機会を設けたり、
マイスターの面談に同席させて徐々にレベルアップしていくなどの教育をしています。

弊社のアドバイザーは現時点で20名強の体制ですので、
規模としてはそれほど大きくありません。

ですので、1度にたくさんの新人CAが入社するというケースは少なく、
経験値の高いCAが揃っている = 充分な教育できる環境にあるという意味でも、
教育制度としては比較的充実しているのではないか、と思っています。


管理人

なるほど、ありがとうございます。

えっと、御社の経験談で結構なのですが、だめな求職者の典型パターンとか、
根本的に考えを改めた方がいい求職者の具体例等はありますでしょうか?

経歴面・マナー面・コミュニケーション面など、
「こういう人」という特徴で答えていただけると非常に参考になります。


石崎さん

石崎さん

そうですね、、あえて言いますと、
主体性がなく紹介会社任せになってしまっている方でしょうか。

結局転職するのはご自身ですから、
例えば、業界や職種の選択から応募先の決定、
志望動機をはじめとした面接準備、長期的なキャリアプラニングにいたるまで、
CAに全部ゆだねてしまうというのはあまりよくありません。

また、転職というと結構大きなライフイベントですから、
ある程度の決断力というか覚悟は必要になります。

目的意識の低い方や上昇志向がきわめて乏しい方の場合、
いくらCAがご志向の整理(転職希望先の整理)や面接準備をしても、
面接のときにもそういう面が出てしまうと思いますので、
なかなか志望企業から内定をもらえなかったり、転職が決まっても、
その先のキャリアをご自身で切り拓いていくことが難しかったりする、という印象があります。

ただ、もちろんそういった面にご自身がお気づきでない場合は、
CAからも、もっとこういうところを直した方がいいですよ、というような
指摘やアドバイスを面談時やその後の転職活動をサポート際に、積極的に行っています。



管理人

なるほど、やっぱり能動的な人材が求められますよね。

それでは次の質問です。

逆に求職者の方に感謝される場合もあると思うのですが、
今までに求職者の方にいただいた感謝の言葉で、
印象的なものがありましたら教えていただけますでしょうか?


石崎さん

石崎さん

はい、サービス品質や満足度向上を目的に、
様々なアンケートを実施していますので、
そういった感謝の声をいただくことも多いですね。

その中で、「type転職エージェントのおかげで転職が決まりました!」
と言われるのは当然嬉しいのですが、「type転職エージェントでは、
希望や志向に合った求人のみしっかり選別して提案してくれたのが良かった」
とか、「CAの○○さんはフォローが丁寧、面接対策からアフターケアまで他の紹介会社ではないくらい充実していた」などといった、まさに弊社が力を入れている部分を評価いただけると
「本当に良かった!」と思いますね。

そこがtype転職エージェント の強みだと思いますし、さらにそれを磨いていきたいですね。


管理人

なるほど、すばらしいです。

続いての質問です。

CAさんが求職者にアドバイスをする場合、履歴書や経歴書を参考にされると思いますが、
まず、どういったところに着目して、どのようなアドバイスをされますか?


石崎さん

石崎さん

CAが見るポイントは2つあります。

1つ目は「見やすさ・読みやすさ」ですね。
要はパッと見でかなり印象は変わってきます。

たとえば改行のタイミングがぐちゃぐちゃだったりとか、
フォントがバラバラになっているとか、あとは、要領を得ず、
だらだらと文章を書いてしまっているとか。

2つ目は、「しっかりアピールできているかどうか」という点です。

たとえば、営業の場合であれば、どれくらいの目標に対して、どれくらいの達成率だったのか?
とか、 どれくらいの規模の組織でそのうちの上位何%くらいの成績だったのか、
といった冷静に考えると必要なアピールポイントが意外と抜けていたりしますので、
そういうところもチェックするポイントになります。


管理人

なるほど、参考になりました。

次の質問です。

求職者が働き出してからのアフターフォローはされていますか?

以前管理人の友人で某転職エージェント経由で就職してから、
入社後にCAさんから電話があったそうで、その時は出れなかったのですが、
後から再度電話がかかってくることは無かったそうです。

こちらからかけ直さなかった友人の対応もどうかとは思いますが、
ちょっと適当な感じを受けたそうです。

このあたりはどう思われますか?


石崎さん

石崎さん

これは、紹介会社さんが悪いです(笑)

弊社の場合は、まず入社当日にCAがご本人にお電話を差し上げ、
初日の感想や職場の雰囲気などをお聞きするようにしています。
初出社は誰でも緊張なされるでしょうし、激励・応援の意味も込めて
とても大切なフォローだと考えています。

また、その後も定期的にご連絡を差し上げるようにしていますが、
そのときに、部署の雰囲気とか、どういう仕事を任されてるのか、
長く活躍できそうな場を提供してもらえているかどうか?等のヒアリングも詳しく行います。

こういったことをお聞きしておくことで、
求職者様のアフターフォローになるだけでなく、
その企業様に新たに別の方を紹介する場合に、
実際にどんな職場なのかを臨場感を持ってお話しすることができます。



管理人

なるほど。ありがとうございます。
そこまで手厚くアフターフォローをしてもらえると、求職者にとっても安心ですよね。

次ですが、CAさんから企業への影響力についてお聞きします。

たとえば転職エージェントを利用すると、
CAさんや企業担当の営業の方などから企業へのプッシュがあるので、
直接応募よりも就職が決まりやすいケースはあると聞きますが、
実際はどの程度の効果があるのでしょうか?

実際企業側からこの人(CAさんや担当者さん等)が良いと言うのなら間違いない、
というような感じで転職がすんなり決まった事例はあるのでしょうか?


石崎さん

石崎さん

一般的に転職エージェントを利用した方が、エージェント担当者から企業への
プッシュがあるので就職が決まりやすいというのは実際にあると思います。

直接応募だとその方のレジュメ程度しかわかりませんが、
転職エージェント経由の場合はレジュメには表れないお人柄やご志向なども、
企業様にお伝えすることができます。

求職者様の強みがどこか?どういった企業様で活躍できそうか?
という様なことは、ある程度の経験があるCAであれば、だいたい予測がつきます。

あと、「CAの○○さんや企業担当の○○さんが 良いって言うんだったら、面接してみようかな、、」
というのもよくあるケースです。

事実、いったん書類選考で落ちてしまった求職者様が、
弊社の企業担当やCAの推薦で、「では面接してみよう」とくつがえって、
結果的に採用までつながった、というケースもあるんです。


管理人

なるほど。一度書類で落とされた方が、
転職エージェントからの後押しによって、結局採用になるケースというのはすごいですね。

それだけでも転職エージェントを利用する価値があると思います。

それでは続いて、非公開求人についてです。

非公開求人は転職エージェントに登録したら見れるのでしょうか?

それとも、CAさんからしか降りてこないのでしょうか?


石崎さん

石崎さん

非公開求人は登録したら即座に見れるものではありません。

求職者様のスキルに応じてCAが求人をピックアップして、
お見せすることになります。

具体的には、面談の際に求人票をお渡ししたり、
求職者様に利用いただくマイページ上で閲覧できるような形になりますね。


管理人

なるほど、ありがとうございます。

それでは次の質問です。

御社では、求職者のフォロー期間(転職支援期間)は設定していますか?


石崎さん

石崎さん

そうですね、特に期間は設定していません。

仮に1年間就職が決まらなかったとしてもサポートは継続させていただいています。




管理人

そうなんですね、、すごいですね。

それでは次の質問です。

御社では、たとえば採用はしたけどまるで使えないので、成功報酬も支払わない等、
企業側からのクレームを受けたことはありますでしょうか?


石崎さん

石崎さん

稀にではありますが、欠勤が多いなど勤怠に問題があるとか、
短期間で退職してしまった、というケースがあります。

ただ、先ほどもお話しましたが、
ご入社後も定期的にCAが連絡を差し上げてフォローをしていますので、
働くうえで少しでも不安・懸念点があれば企業様にも迷惑がかかってしまう前に
ご本人から直接CAに声が上がってくるような体制づくりには努めています。


管理人

なるほど。ありがとうございます。

たとえば一度就職した人がその職場を辞めたとして、
二度目の利用は可能なのでしょうか?

利用回数に制限等はありますか?


石崎さん

石崎さん

はい、二回目以上のご利用も可能で、制限もありません。

二回目以降のご利用というのは、
弊社に良い印象をお持ちいただいていたからこそ、
のことだと思いますので、弊社にとっては非常にうれしいことです。


管理人

なるほど。ありがとうございます。

次の質問です。

求職者様の年収交渉はCAさんにお任せする形になるかと思いますが、
これはどのような感じで進められますか?


石崎さん

石崎さん

そうですね、まず希望年収についてですが、
ご登録時や求職者様との面談の際に求職者様のご希望年収をお聞きしていますので、それを参考に求人案件のご紹介や応募先を決定いただくことが多いです。

その時点で、
ご本人の市場価値と希望年収があまりに離れてしまっている場合には、
応募できる求人の選択肢がかなり限られてしまいます。
その場合、転職する目的の中で「年収」の優先度がどれくらい高いものなのか、
などについても求職者様とすり合わせをするようにしています。

結果的には「年収」を下げてでも、やりがいを感じられる環境や、
キャリアアップが可能な企業をお勧めすることもありますよ。

ただ、ご本人が「より年収の高い」企業への転職をご希望される場合には、
たとえば、選考が進んでいてその方を「採用したい」と考えている企業様に対して、
その企業への志望度と合わせて、「ある併願企業でも選考が進んでいて、
おそらくこれくらいの年収で内定が出そうだ」といったことをお伝えすることはありますね。


管理人

なるほど。求職者様の年収交渉で、かなり頑張ってくれる印象ですね(笑)

年収交渉は、たとえば「CAの交渉力」と「求職者の能力」で言えば、
やはり求職者様の能力の方が年収に影響する割合は大きいでしょうか?

たとえばざっくりでいいんですが、
「CAの交渉力」:「求職者の能力」の比率で言うとどのくらいでしょうか?


石崎さん

石崎さん

そうですね、難しいご質問なのですが、、、
7割以上を求職者様の能力が占めていると思います。

交渉と言いましても限界がありますし、
テクニックでその方の市場価値を大きく上回る年収を企業様に提示してもらう
といった特別なテクニックもない、というのが正直なところですね。

なので本質的には、
求職者様の能力で年収が決まるということになるかと思います。


管理人

なるほど。ありがとうございます。

では次の質問です。

御社では一人のCAさんが何人の求職者を担当しますか?

担当数の基準等はあるのでしょうか?


石崎さん

石崎さん

そうですね、担当領域によって結構差が出るので、
人によって結構まちまちです。

ですので一概に何人とは言いにくいのですが、
人材紹介会社の中では比較的少ないほうかと思います。


管理人

なるほど。

御社ではCAさんのノルマ等はあるのでしょうか?


石崎さん

石崎さん

はい、個人別に「目標」の指標を設定していますね。






管理人

そうなんですね、もしCAさんがノルマを達成できそうにない場合、
求職者の希望企業、又は職種でなくても積極的にお薦めしていくことはありますか?


石崎さん

石崎さん

いえ、自分の成績目当てなどで無理やり勧めたりすることはありません。

仮にご本人の希望やご志向に添わない企業や求人案件を無理にお薦めしても、
応募していただけないでしょうし、CAも信頼を得られません。

もしも求職者様の転職目的を果たせるような
企業と異なる企業にご転職されたとしたらなおさらです。
単に転職活動のサポートをするだけでなく、その後もその会社で
長くご活躍いただく、という弊社が目指しているところと逆行しますし、
サービスの品質低下につながってしまいます。

ただ、ご本人の「希望と異なる求人を薦める」という意味では、たとえば、
ご本人が当初お気づきでない「キャリアの可能性」を面談でのご志向の整理などを通じて
提案させていただく、ということは日々行っていますよ。

その部分も弊社をご利用いただくメリットの1つだと思います!


管理人

なるほど。

本人が気づいていない可能性を提示するという意味で、
希望企業、職種以外の企業を提示してもらえるのは、ありがたいことですよね。

次の質問です。

企業は転職エージェントに成功報酬を支払っているということから、
転職エージェント経由で申し込んだ求職者Aさんと同等の経歴・能力をもつ求職者Bさんに、
直接企業に応募されると、Bさんの方が有利になると思われますが、
この考え方はどうでしょうか?


石崎さん

石崎さん

う~ん、そういう考え方もわからなくはないですが、
一概にそうとも言えないと思います。

Aさんの場合は、職務経歴書等のレジュメでは確認できない、
ご志向・お人柄・コミュニケーション能力などといったヒューマンスキルについても
弊社経由で企業様にお伝えできますし、ご本人がお気づきでないアピールポイントをCAが発掘・提案したり、レジュメや面接に臨むうえでの対策について、
アドバイスを差し上げることができます。

こういったことを通じて選考通過率を高めるというのが弊社のサービスの軸になっていますので、
結局転職エージェントから転職活動をした方が有利になるとは思います。

ただ、Bさんであれば「紹介料がいらないのでお得、、」と考える企業様もいないことは無いと思います。


管理人

なるほど。率直なご意見ありがとうございました!

次の質問です。

これも答えにくいかもしれませんが、可能であれば答えていただければ参考になります。

非公開求人を非公開にしている本当の理由は成功報酬を企業からもらうので、
求職者に企業に直接応募されると困るためという風に考えられますが、
この考え方はいかがでしょうか?


石崎さん

石崎さん

これは違いますね、、。

企業様側からの依頼で、非公開になっています。

たとえば人気の企業様が求人を出すと応募が殺到することが予想されますが、
紹介会社を通すことで、最低限必要な採用基準をクリアしている応募者だけの選考をすることができ、企業の採用担当が効率的な選考活動を進めることができます。

また、同業の競合会社に、採用していることを知られたくない、という場合もあります。

弊社としましては、なるべく沢山の企業様をWebサイト上で公開させていただきたいところですが、
そういった事情もありますので、大半の求人案件が「非公開」となっています。


管理人

なるほど。わかりました。

次の質問です。

過酷な労働条件を強いるような企業を俗にブラック企業などと呼びますが、
御社ではブラック企業とわかってても求職者に薦める場合もありますでしょうか?

求人を載せる企業の審査も事前にしているのでしょうか?


石崎さん

石崎さん

はい、当たり前のことですが、求人企業様と取引をスタートするにあたり、
その企業に弊社に登録いただいた求職者様を紹介して問題がないか、
という点に関しては様々な角度から判断をしております。

例えば、「法律に反する過酷な労働条件を強いている」
などが明らかになった場合は、お取引を停止しますし、
求職者様を紹介することもないです。


管理人

ありがとうございました。

次の質問です。

可能であればで結構なのですが、御社のCAの方の離職率を教えていただけますでしょうか?

平均的な労働時間等も教えていただけますと、非常に参考になります。


石崎さん

石崎さん

ここ1年ですと退職者は1名のみとなっています。

労働時間は人によってまちまちなので、
一概には言えませんが、熱心なアドバイザーが大勢いますので、
かなり働いている者が多いですね(笑)


管理人

退職者がここ1年で一人というのはすごいですね、、(汗)

取材は以上になります!ご協力ありがとうございました!




「type転職エージェントの公式サイト」に行く!→

ページ先頭へ戻る